バストトップ ピンク

バストトップの色が悪いのは何故?

バストトップの色がなんだか悪いなって思いませんか?

 

バストトップの色はもちろん個人差があるのでピンク色の人もいれば
茶色い人、黒い人など様々な人がいます。

 

乳首の色が濃いと遊んでいるというイメージがありますが
そんなことは実はありません。

 

肌の色の個性なので濃い人や薄い人がいて当たり前なのです。

 

しかしもともとがそれほど濃くなかったのにどんどん黒くなってきたという時は
妊娠時を除外して何かしらの原因があります。

 

1.衣服の擦れ

 

サイズが合っていないブラジャーをすることで乳首が擦れメラニン色素が沈着して
黒ずみになってしまう場合があります。

 

2.ホルモンバランスの乱れ

 

ホルモンバランスが乱れてくるとメラニンの生成が活発になって
黒ずみの原因となってしまいます。

 

ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどでホルモンバランスは
簡単に崩れてしまうので規則正しい生活習慣をみにつけましょう。

 

3.若さゆえ

 

顔などのシミは歳を重ねると濃くなっていきますが、
歳をとってくると逆にメラニンの活性が弱くなってくるので
乳首も薄くなっていきます。

 

バストトップの色が悪くなるのには、様々な要因がありますが
若い女性であればある程度はバストトップは黒いものだということもわかりますね。

マッサージで夢のピンク色に?

バストトップの色をある程度薄くしピンク色にする方法って
あるのでしょうか?

 

気になりますよね。

 

できることなら即実践したいと思います。

 

バストトップの色を薄くするためには美白成分が配合されている
化粧品などを塗ってマッサージをすると効果的です。

 

ビタミンC誘導体やハイドロキノンは美白成分ともいわれています。

 

肌のターンオーバーが乱れていると古い角質がはがれないので
くすんだり黒くなったりしますのでマッサージをして血行をよくし
古い角質をはがれやすくしてあげるのもいいと思います。

 

ピンク色のバストトップは憧れますが、ある程度色素が抜けてきたら
過剰にケアをするのはやめましょう。

 

二十年ほいっぷの気になる口コミをどうなっているのでしょうか?

 

また、マッサージも有効ですがメラニンの生成を促さない生活習慣も大切です。

 

睡眠不足や食生活の乱れは肌に直接悪い影響を与えます。

 

マッサージをしているけれどもなかなか色が改善しないという場合は
一度生活習慣と食生活を見直し、美白に効果的な生活習慣にするように
改善していきましょう。

 

バストトップの色はもともと生まれつきの濃さがあるので
個人差がありますが、生活習慣や食生活の乱れで黒くなっていった場合は
元通りの色に戻すことができるので諦めずにケアを続けていきましょう。